小春日和

手作り大好き人間。日々の試行錯誤とチャレンジの記録。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 染色バッグ‥‥その後! | main | クリスマスカードラッシュ! >>

発泡スチロールとビー玉

0

     

     

    5ミリくらいの薄い発泡スチロールがあったので、発泡スチロールカッターで切ってみることにしました。時期的にクリスマスのものがいいかな〜と、ツリーの形に。

     

    普通のコピー用紙の型紙を切り取ってセロテープで貼り付けました。‥‥といっても、切るときに通過するところにセロテープがあると悲惨なことになるので、裏に輪にしてつけました。‥‥ということで、外側にはセロテープが出ていない状態に。

     

    で、いよいよカッター登場!今回使ったカッターは従来のコの字型のものではなく、太い針のような形状。つまり、いきなり発泡スチロールに突き刺すことが可能!くりぬきも簡単にできちゃう優れもの。今回のように薄いものの場合、ほとんど力を入れずに切れちゃいます。

     

    コピー用紙の縁に沿ってそっと動かしていきます。熱で切るタイプで、一カ所に止まってると溶けが進んでしまうのであまり止まらないように気をつけました。力が全く要らないのでうっかりするとつい違う方向にいったりして、かえって難しかったかも。

     

    均等に力を入れて同じスピードで狙った線を切っていく‥‥これはなかなかにコツがいる!フリーで動かせる手軽さがある分、自分の技量が問われるというか。(笑)

     

    不慣れで技量に乏しい私の場合、あちこちガタガタになりました(笑)軽くて動かしやすくて気軽・手軽ではあるんだけどね。

     

    で、とにかく切るだけは切れました。でもってそれをどうしようかと眺めていたら、ふと思いつきました。そうだ、ビー玉はめてみよう!

     

    フリーさを存分に活かして、ところどころに穴を空けていきました。あまりきれいには空かなかったけど、まぁビー玉がはまるくらいの大きさに。注意したのは穴を広げすぎないこと。そこは発泡の良さで弾力性があるので、小さい分には押し込むことができるんだけど、大きすぎるとどうにもならない。そこだけ注意かな。

     

     

     

     

    そして、色塗り。以前発泡スチロールに色を塗ったとき、直接塗ったら発泡スチロールの質感がまんま出てしまったことがあったので、ひとまずジェッソを塗ることに。なぜジェッソかというと、ただプライマーが手元になかったというだけの理由です。ジェッソはなぜか2瓶あった。(笑)

     

     

    で、塗ってみたら、なんだかそれだけでいい感じに。なので1枚はそのままジェッソでおしまいにすることにしました。もう一枚はセラムコートで着色。茶色と深い色のパイングリーンでぬりぬり。

     

    狙い通り発泡スチロールの質感は消えました。ヤスリをかけたにもかかわらず、なぜか表面にプツプツができたけど。遠目にはわからないから、ま、いっか。

     

     

     

     

    こんな感じになりました。発泡スチロールっぽさはだいぶ薄まりました。飾り物として使える範囲に収まったかな。ビー玉を使ったのは後ろから光が入ったときに色ガラスの透明感があればと思ったからで、明かりを灯すと‥‥

     

     

     

     

    わかりにくいかな。光が透過してくるので、色がキラキラして実物は写真よりきれいです。(笑)やっぱり一番難しいのは形をきれいに切ることだな。固定する治具を作ればきれいに切れるのでは‥‥と思いついたので今度実験してみます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    クラフト・手芸、とにかく手作り! | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    SELECTED ENTRIES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE